スマートフォンとパソコン どちらを買うべき?

間もなくお子様が中学生になるという方もいらっしゃると思います。つい最近小学生になったばかりだと思っていたのにもう中学生か…という方もいるのではないでしょうか?

中学生になるとお子様ができることが広がっていき、これまで親に言われてやっていたことを自分で考えてするようになります。

習い事もその一つですね。

ところで中学生になるお子様にスマートフォンをプレゼントしようと思っている方も多いのではないでしょうか。小学生まではまだ早いかなと思っていた親御様も中学生になったらさすがに与えるべきかと考える人も多いようです。
しかし、他の先進諸国を見ると、中学生になった記念にプレゼントするのはスマートフォンではなく、パソコンを買い与えるという親が多いのはご存知でしょうか?
そもそもパソコンとスマートフォンの違いがよく分かっていないという親御さんも多いのではないでしょうか?特に最近のスマートフォンはできることが増えていますので、パソコンを使う必要がない人も多くなっていると思います。
ではパソコンとスマートフォンは何が違うのかと言いますと、『スマートフォンは「見る」もので、パソコンは「作る」ものです』
例えばスマートフォンでyoutubeなどの動画を見ている方は多いと思いますが、それらの配信されている動画はほとんどパソコンで作成されています。
最近ではスーパーなどのチラシもスマートフォンで見れるようになっていますが、それらのチラシを作成しているのもパソコンです。
スマートフォンでホームページを見る人も多いと思いますが、そのホームページを作成しているのもパソコンです。
いかがですか?「見る」スマートフォンと「作る」パソコンの違い、ご理解頂けましたでしょうか?

つまり日本以外の先進国の親御様はお子様にパソコンを与えることで「作る」力を身に付けて欲しいからスマートフォンでなくパソコンを買い与えるのです。
今後もスマートフォンが「作る」役割を持つことはないと言われています。
何故なら画面が小さいというのは持ち歩くのには便利ですが、作るためには大きな画面が必要だからです。

SNSや動画サイトなど、見る需要が高まれば高まるほどパソコンの「作る」力は今後ますます重要になっていきます。

スマートフォンもよろしいですが、お子様にパソコンをプレゼントすることを検討されてもよろしいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA